知覚過敏の症状

知覚過敏の原因と治療法

冷たいものなどを食べたときに、歯の痛みを感じる知覚過敏。一過性の痛みではあるものの、何かものを食べるたびに気になって、ものごとに集中できなくなることも。

この知覚過敏はなぜ起こるのか、その原因とともに、治療方法も一緒に解説します。

知覚過敏の主な原因

歯の構造

知覚過敏とは、歯の内部にある「歯髄(しずい)」という歯の神経に対して、外側から刺激が加わることで、歯に痛みを感じるものです。

通常、歯の表面には「エナメル質」という硬い層で覆われていますが、そのエナメル質が何らかの原因で溶けたり、破損したりしてその内側の「象牙質(ぞうげしつ)」という柔らかい部分がむき出しになることがあります。

この象牙質に直接、何らかの外的刺激が加わると、その内部にある歯髄へと伝わり、神経が興奮して痛みを感じます。

例えば、何か冷たいものや甘いものを食べたときや、歯磨き中に歯ブラシが触れたときなどに痛みを感じることがあります。

知覚過敏のおおもとの原因は、この象牙質が少しでもむき出しになっていることです。そして、象牙質がむきだしになるのは、さまざまな理由があります。その理由をいくつかみていきましょう。

歯の欠損による知覚過敏

何かの事故でケガを負い、歯が欠けたときや、強く歯ぎしりをして歯が擦り減るときなど、歯が破損することで、象牙質が露出することがあります。

歯が溶けだすことによる知覚過敏

歯の表面のエナメル質は、酸によって溶かされます。糖分を摂ると、口の中の虫歯菌などが糖を餌にして酸を作り出し、歯を溶かし始めます。

通常、唾液がそれを抑えてくれますが、何らかの理由で唾液が減少したり、うまく「再石灰化」という溶けた歯が元通りになることが行われなかったりした場合に、歯が溶けることがあります。そして、エナメル質の内部にある象牙質が露出していきます。

歯肉が下がることによる知覚過敏

歯の外側はエナメル質で覆われていますが、歯肉がある部分から下には覆われていません。よって、歯肉が加齢や歯周病などで下がると、その下がった部分から象牙質が露出することになります。そこから知覚過敏を起こすことがあります。

虫歯治療やホワイトニングなど歯科治療による知覚過敏

虫歯治療で歯を削ったり、ホワイトニングで薬剤を塗布したりすることで、知覚過敏を起こすこともあります。

知覚過敏の治療と自宅ケア

こうしたさまざまな原因で起こる知覚過敏は、歯科医院では次の方法で治療がされています。また、自宅でのケアも欠かせません。その治療方法やケア方法を一通りみていきましょう。

歯科医院での知覚過敏治療

歯科治療
薬剤でむき出してしまった象牙質を保護する

歯科医院における一般的な治療方法です。象牙質が露出している部分に薬を塗ることで、刺激から保護します。

欠損部に詰め物を詰めて象牙質を保護する

歯の欠損が大きく、象牙質の露出が大きい場合には、コンポジットレジンなどの詰め物をつめて象牙質を外部刺激から守ります。

歯周病を治療する

歯周病が原因で知覚過敏が起こっている場合、歯周病を進行させないための治療が行われます。歯の表面を清掃したり、溜まった歯石を取り除いたりするのが主な治療法です。しかし、歯石を取った後に象牙質が露出し、一時的に知覚過敏の症状が出ることがあります。

歯の神経を抜く

あらゆる治療を行っても痛みが治まらない場合には、最終手段として歯の神経を抜くこともあります。しかし、歯の神経を抜くことは、痛みを感じなくなるため虫歯に気付きにくいなどデメリットもあります。

レーザー治療

レーザーの光を当てることで、痛みが伝わる部分をふさぎ、知覚過敏が起こりにくくすることができます。

自宅でのケア方法

歯磨き

硝酸カリウム入りの歯磨き剤を使う

硝酸カリウムを歯磨き剤に混ぜることで、カリウムイオンが歯の神経の興奮を抑えてくれます。現在では、硝酸カリウムが配合されている、知覚過敏用の歯磨き粉が市販されています。

歯磨きを徹底して口腔内に再石灰化が促されやすいようにする

エナメル質は、酸によって溶かされますが、「再石灰化」によって歯を修復することができます。日頃の歯磨きを怠っていて、歯が溶かされている部分が大きい場合には、唾液の力で歯の再石灰化を促すという方法もあります。

しかし、歯の再石灰化を促進するためには、酸を発するプラークができるだけ作られないようにすることが肝心です。歯磨きは、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスなども併用して、歯と歯肉のすき間や歯のでこぼこした部分のプラークを徹底的に除去することが大切です。

知覚過敏の治療にかかる費用相場

さまざまな治療方法がある知覚過敏ですが、費用相場はどれくらいなのでしょうか。

基本的に、知覚過敏の治療は保険が適用されます。ただ、一部のレーザー治療などの保険適用外の治療法もありますので、注意が必要です。

一般的に、コンポジットレジンなどの詰め物は、保険適用され、1本につき1,000円程度です。また、薬剤を塗布する治療は、保険適用され、1,000~3,000円といわれています。治療法によって異なりますので、その都度、歯科医院へ尋ねてみてください。

知覚過敏を感じたらすべきこと

物を食べたときに、歯がしみて「知覚過敏かな?」と思ったら、まずは様子をみましょう。体調が弱っていると、一時的に知覚過敏が起こることがあります。しっかり休養するといいでしょう。

それでもまだ症状が収まらなければ、歯科医院の受診をおすすめします。象牙質が大きく露出している可能性もあるからです。

知覚過敏の原因と治療法のまとめ

知覚過敏だけでなく、歯の異常は、早期発見・早期治療で痛みも治療費用も抑えられます。知覚過敏は虫歯や歯周病と比べて軽視されがちですが、放っておくと原因によっては痛みが強くなることもありますので、できるだけ早めに歯科医院で診てもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事

  1. オーラルケアの基礎知識
    こんにちは南青山矯正歯科・審美歯科 院長の白石あやです。今回のおすすめのオーラルケア…
  2. 歯ブラシ
    こんにちは南青山矯正歯科・審美歯科 院長の白石あやです。今回のおすすめのオーラルケア…
  3. マウスウォッシュ
    こんにちは南青山矯正歯科・審美歯科 院長の白石あやです。今回のおすすめのオーラルケア…
PAGE TOP